FC2ブログ

2月15日〜28日 修了作品展「躍」(於:富士フィルムフォトサロン大阪)

◾️修了写真展「躍」はAコース、Bコースの2コースに分かれました。
 ・Aコース(1、2、3班)は2月15日〜2月21日
 ・Bコース(4、5、6班)は2月22日〜2月28日
 ・Aコースの芳名録記帳 378名 入場者数(自動カウント数)3101名
 ・Bコースの芳名録記帳 559名、入場者数(自動カウント数)4471名
  修了作品展 合計の芳名録記帳 937名、入場者数 7572名です。
  会場で配布しました目録は約1200枚です。
  沢山の方々のご来場、厚く感謝申し上げます。
  ありがとうございました。


◾️まずは修了写真展「躍」の会場のご案内から
・ここが皆さん憧れの富士フィルムフォトサロン大阪です。
会場入り口

ここが入り口です。
会場入り口

ここから入ります。
03会場入り口-0227-


◾️2月15日〜2月21日はAコース(1、2、3班)の展示会
・私達はホワイエです。
・スペース1は、富士フィルム営業写真コンテスト入賞作品発表展
・スペース2は、名取洋之助写真賞受賞作品写真展
・名取洋之助先生の「写真の読み方(岩波新書)」は、学生時代によく読んでいました。
 古い本ですが、今も参考にすべきところが沢山ある名著です。
・Aコースの芳名録記帳 378名
 沢山の方々のご来場、感謝申し上げます。ありがとうございました。
04-Aホワイエ入り口-0227-

入り口のディスプレイにも紹介されています。
05-Aの紹介画面-0227-

ご挨拶です。
ご挨拶

会場内は撮影禁止ですので、
係りの方に相談し「撮影許可証」をお借りし、
全体的な雰囲気だけをと、撮らせて戴きました。
06-Aの前半分-0227-

Aコースの写真展の雰囲気が伝わるでしょうか?
07-Aの全景-0227-

◾️2月22日〜2月28日はBコース(4、5、6班)
・私達はホワイエです。
・スペース1は、匠メンバーズ展
・スペース2は、2018年毎日写真コンテスト優勝作品展
・Bコースの芳名録記帳559名
 沢山の方々のご来場、感謝申し上げます。ありがとうございました。
13-Bホワイエ入り口-0227-

入り口のディスプレイにも紹介されています。
14-Bの紹介画面-0227-

・会場内は撮影禁止ですので、
 受付嬢の方々に相談し「撮影許可証」をお借りし、
 全体的な雰囲気だけをと、撮らせて戴きました。
・受付嬢の方々、ありがとうございました。
受付嬢

Bコースの写真展の雰囲気が伝わるでしょうか?
20-Bの全景-0227-

◾️今後の予定
・3月5日(火)
 10時〜12時:学習成果発表会(表紙+代表作品2点、2分以内で各自が説明)
 13時〜15時:修了作品集の発表会(各自の作品集を机の上に並べて鑑賞します)
         太田先生より修了証書を授与
 16時〜 謝恩会(於:道頓堀ホテル)、男性4500円、女性3000円
・3月12日(火) 修学旅行(森ノ宮駅自転車置き場に午前8時15分時間厳守で集合!)

                               3班N記
スポンサーサイト



6月5日 学習としての社会参加活動(準備活動)

「社会への参加活動 その背景と狙い」

・超少子高齢化社会に向かい、シニアがシニアを支える時代になって行きます
・その中で、シニアとして社会とどう繋がって行きますか?
   のんびり・・・・・・十分?
   趣味、学習・・・・・できればなあ。。。
   世の為、人の為・・・できたら最高 !
_18F1690.jpg

・60歳以上で社会的活動をされている方は61%にもなります
・社会的活動をされている方の生存率は高いとの調査結果もあります
・社会との繋がりを強め、役に立つシニアになりたいと思いませんか?
_18F1693.jpg

・高大理念①学習する②仲間作り③健康作り ➕ 社会参加活動 で少しでも社会への恩返しを考えてほしい
・カリキュラムの中で3回の勉強の場を用意
_18F1694.jpg


◇カメラ芸術応用科は来年2月の終了作品展で写真を通して広く社会への参加活動とする事にしています


・皆さんが地域などで社会参加活動をするきっかけ作りになるようにクラスとして何らかの活動をしましょう
・これを機会にそれ以外の場でも社会参加活動をするきっかけ作りにぜひしてください
・一人一人でもグループでも取り組んで行くことを御願いします
_18F1697.jpg
_18F1711.jpg


◇高大終了後の活動の場
BSC(Bright Senior Center)・・・社会参加活動をするにあたっての相談窓口
DDS(同期同窓会)・・・・・・・・社会貢献活動をするグループ

配布資料
2018年度社会参加の活動一覧表
H29-AWARD応募分類一覧表
H29-DDS資料


■遠足ベストショットの擦り合わせ
(委員長発案で先生の講評前に各人が作品について一言)
_18F1723.jpg

_18F1722.jpg
・何を撮るか(撮ったか)
・どう撮るか(撮ったか)
・狙い通りか(だったか)
が皆さん迷うところ。考えを言葉にするのはこれまた難しい。

■CD Nさんの作品群
遠足ベストショット➕これまでの作品(時間が余ったので。。。)
_18F1727.jpg

_18F1729.jpg
・色々な場所、被写体を撮っておられて参考になります。


■太田先生から
・作品研究の時の講評の時間が足りない
・以降ベストショットの講評は2班ずつにします
・その時に当たった2班のメンバーは作品3点(テーマ2点➕自由作品)➕ベストショットの4点提出
・他班は作品3点(テーマ2点➕自由作品)提出
・ベストショットは別フォルダーに入れる
・ベストショットは名前とタイトルを入れる(表紙不要)
とします。
④はじらい
_18F1734.jpg
ベストショットの講評の人数を絞ることで一枚の写真を深く考察することができるのがメリット


■前回(須磨離宮公園)ベストショット残り(5班6班)の講評
④はじらい
本人コメント:
・後ろのバラはもう少しボケた方がよかったか
・バラは正面から撮った方が良かったか
・背景が暗すぎるのがダメなのか
先生講評:
・主役はシャープで綺麗に明るく撮れている。
・対比として後ろのバラがもう少し目立たない工夫が必要。
・必ずしも花を正面に向ける必要はない
・バラの位置が低すぎる。縦位置で撮るべきだったのでは?
・三分割の構図が基本。向いている方向に空間を開けないと詰まって見える。

実技(Ⅰ)ー○Ⅴ

本人コメント:
・ハイキー/ローキーに興味があり、これをローキーで撮るのはダメか?
先生講評:
・ハイキーでシャドウ部を作ったらダメ。ローキーでハイライトを作ったらダメ。
・ハイライトを入れたのは間違い


■遠足ベストショット講評
ローズガーデン-じゃんけんs
先生講評:
・もう少し寄れたか
・四隅を残すなら綺麗に均等に残したい。残していいのはその場合だけ。

02-2.jpg
先生講評:
・今の時期フラットになりすぎる。もう少しシャープネスが強くなるようになれば。
・Canonの場合、DPPと言うソフトを使いピクチャースタイルのクリアを選ぶと遠景のフラット感が解消される

水田2[2594]
先生コメント:
・上もうちょっとギリギリまで詰めて。その分下にカメラを振る。下に空間が欲しい。
・空の部分は落としておきたい

可 憐
先生コメント:
・可愛い絵だが画面の上に白い空間が見えているのは残念。
・花の上にハイライトがあるので視線が花で止まらず持っていかれてしまう


先生の他コメント:
・余分なものは削っていく
・飛翔体の羽はモワッとでも写っているべき(1/500でも止まらない)
・シャープなピントを得るためには三脚を使う、レリーズと使う、ミラーアップにする
・高速シャッターを切ると感度が高くなって画質が荒れてくる場合がある
・花は勢いのある花、時期を選ぶ(花粉の状況を判断)
・絵の垂直は画面の中心で合わす。端で合わすのはダメ
・狙っているポイントを見極めて大胆に切り取ることも考える
・看板、その他人工物は極力省く
・高さ、広がり、空間を生かす切り取り方を考慮
・曲がった道は下っていくように見せない事
・画面の傾きは無くす。傾いても打ち消せる何かがあれば良いが。。。


■撮影実技 IIの解説(三室戸寺)
(先生から三室戸寺での撮影に関して映像での紹介)
・三脚不可
・食堂では食べられる(高い)が、境内での食事は不可



■作品展の説明
・出展作品は事前に先生に選定してもらう
◇高大フェスタ
・1月22日 大阪市中央体育館
・一人一点、A4サイズで額装して展示
◇修了作品展
・日程未定 富士フォトサロン(未決定)で行う予定
・一人一点、半切サイズで額装して展示
・DM作成、カタログ作成、案内作成は9月以降に共同で行う

           広報担当:5班 K.S 記
プロフィール

68camera2018

Author:68camera2018
【作成担当】
1班~6班の広報係が輪番制でブログを作成します

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR